デジタルタッチペン
Apple pencilとデジタルタッチペン

デジタルタッチペンの比較

デジタルタッチペンを2種類

楽譜に注意点を書き込み用にデジタルタッチペンを2種類買ってみた。
Apple正規品のApple Pencil(約11000円)とそAdonit Pro(3,000円)の
安価なデジタルペンです。

(この比較は利用している自分が個人的な
趣味と好みを全面出した比較なので、現在利用されてる方と
利用目的により評価は当然違いが出ます。)

最初に購入したのは安価なデジタルタッチペンAdonit Pro。
安価と言っても3,000円は、ボールペンや鉛筆の筆記用具に比べて
はるかに高価です。
ましてやデジタルペンと言っても800円前後から並んでいいるので
決して安価とは言えない。

理由は購入してみたもののデジタルペンは
文字がとても書きにくい。

文字が書きにくいと思い続けて使うのも鬱陶しい。
そこで利用価値が低いかもと判断して
Apple penを追加購入したのですが、
さて、結果はどうだったか。

結果は利用法によっても違うが一長一短でした。

Apple pencilの利用評価    

Apple pencilを利用できるiPadは

  • iPad Air (第 3 世代)
  • iPad mini (第 5 世代)
  • iPad Pro 12.9 インチ (第 1 または第 2 世代)
  • iPad Pro 10.5 インチ
  • iPad Pro 9.7 インチ
  • iPad (第 6 世代)

比較に利用したApple pencil は(第1世代)です。

Apple pencilのデメリットとメリット

 

Apple Pencilのペン先

Apple Pencilのペン先は丸まったペン先です。

 

    • Apple pencilのデメリット

      ・iPhoneには反応しない。
      (工夫次第で利用できる場合もあるようです。)
      ・画面スライドに利用できない。
      ・充電する必要がある。
      ・ペアリングが必要
      ・2機種同時利用不可。
      ・利用してない時間が長くなると、ペアリングが切れる。
      ・再起動後も同様に切れる時がある。

    • Apple pencilのメりット

      細かな文字が書ける。

      ・線描画が滑らか。

      ・筆圧、ペンの傾け方により描画に差が出る。

      ・デザイン、レタリング、デッサンに向いています。

      ・対応アプリで描画精度は高まります。

      ・ノート、メモに利用できてペーパーレス。

      iPhone利用可能

    • Apple Pencilのバッテリー残量の見方

      ・Apple Pencilのバッテリー残量の見方は簡単です。

      Ipadに繋いで、ホーム画面(ロック画面でも可)をスワイプする。

      ・通知センターのウイジェットが表示されます。

      ・下にさげて行くとバッテー項目が表示されます。

      ・その中にApple Pencilのバッテリー残量が表示されます。

      ・15秒の充電で30分の使用が可能です。

  • デジタルタッチペンのデメリットとメリット

  • デジタルタッチペンのペン先

    デジタルタッチペンのペン先は吸盤のようなまるい板がついています。

    • デジタルタッチペンのデメリット

      ・文字が書きにくい

    • デジタルタッチペンのメリット

      ・ペアリング(bluetooth接続が不要)の必要がない。

      ・充電不要。

      ・画面のスライドが可能。

      ・画面クリックがしやすい。

      ・文章を薄い色の横線で覚書、強調線にすることが可能

      ・指のクリック操作が苦手で、上下URLに触って
      しまう場合などに効果ありです。

と、いうことで文字を書くことを重視している場合には
Apple pencilが良いですが
日常的な使用範囲ならデジタルタッチペンで十分な気がします。

Apple penとデジタルタッチペンの比較ではありますが、
利用しているハード本体の新旧の機種、販売会社による機種によっても
違いが出てくると思います。

利用できるアプリは

・メモ帳

・PDF

かなり限られたアプリのようでした。


今回比較に利用したで機種は
iPad(第六世代)
iPhone8 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事