クリスマスイブイブ
クリスマスソングを演奏するつもりがスケールr演習になってしまったクリスマスイブイブ。

今日はChristmas-eve eve。

本来ならクリスマスソングでも吹いていたいところだが、なぜかchromaticハーモニカの基本練習に余念がない。
5度、7度のスケール練習していて音がピッタリと合った時、豆がハーモニカの穴に丸いまま飛び込んで来るような決まり方をする。
5度、とはドからソ、レからラに五音移るスライドです。
7度、とはドからド、レからレにスライドさせる七音を飛び越えたスケール練習。

7度スケール

離れた音符をスライドさせるのは音が濁りやすいです。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

スケール練習

マウスピースで首を振らずにいくつもの音をスライドさせる時、音が濁りやすい。

つい隣の音まで加えてしまいダブル、トリプルで吸い、吹いてしまいがち。
わずかに触れているつもりでも、濁ってしまっては練習にならないし演奏には向かない。

音階の「豆感」

最近ようやくスライドしつつも単音が出るようになった。
音階で上がって行く時には単音でスライドできても下がってくるのがどうも苦手。
それが指令に決まった時の「豆感」は、まさに快感。
丸まった息がスポッ、スポッと舌に当たる。
これが続くといいのだが、「豆感」の確立は低い。

唇がテカテカになるようなスライドさせるスケール練習。
でもリズムが取れて音が合うようになると楽しさが出てくる。

もう少しで「上りも下り」も単音がなるようになりそうです。
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事