南理沙
南理沙ミニミニコンサート

お代替わりの令和

お代替わりで今日で平成が令和へ。

 

これまでのハーモニカコンサートでは

これまでのハーモニカコンサートは
コンサート自体を楽しむだけでした。
最近は楽しみ方に変化が生じてきた。
プロの演奏の仕草、ハーモニカのプロフェッショナル奏法を驚きとして楽しんでいる。

昭和、平成初期はラジオ、TVから流れてくる音楽は同じ歌手で
昨日も、一昨日も流れされてた曲を何度も繰り返して聴くことが多かった。

レコード、CDなどは自分の偏った趣向と費用面から
なんでも聴ける割には広がりがなくなり自由であって自由でない。
まさに精神がとらわれの身となった自由さなんて考えたりします。

昨今はとてもいいですね。
youtubeから無料で流される溢れんばかりの音楽、how to物は相当な価値がある。
youtubeもいずれは有料になてしまうかも知れない。
無料である今、その膨大な情報を享受したい。
もちろん、エセ情報、フェイク情報、錯誤の情報も含めて。

数日前に南里沙さんの田園調布プチプチコンサートを聞いて、
自分の演奏がいかに雑で、荒いハーモニカかを今更ながら思い知ることとなりました。

にほんブログ村 音楽ブログ ハーモニカ・ブルースハープへ

趣味のハーモニカ演奏

自分でも趣味でハーモニカ演奏しますが
耳が肥えて来たからでしょうね。

このあとの文章は音楽をやっているひとなら
「なにを今更、馬鹿なこと書き連ねてるんだ!」と言われかねないことです。

ハーモニカは楽器の穴の吸い、吹き楽器なので
音を渡る時に隣の穴を吹き吸いしてしまいがち。
隣の穴を吹き吸いすると音が割れたり、重音になります。

意図して和音になるときは良いのですが、ダミ音になると聴きずらい。
また五度音、四度音の変化で移った先の穴で
吹き、吸いの息の量が一定にならない不安定な音が気になります。

プロ奏者の安定した演奏音に感動してしまう。
三連符は三連符でドはドの音が出て耳に届く。
当たり前なのだが、自分にとっては当たり前ではない濁り音の現実。

曲の出だし第一音目の柔らかさ、スパークリングな弾ける音。
プロの音はしっかりしている、
スラーはゴツゴツせず滑らかな流れ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事