花丸は優等生?
お習字の花丸は優等生に与えられた勲章か。

先生から花丸をもらうと嬉しかった

お習字の花丸は決して
優等生の勲章ではないですね

小学校の習字の時間に先生から花丸をもらうと嬉しかった。
あるとき続いて直された半紙にはたくさんの書き直しがあった。

 

お習字の花丸は優等生に与えられた勲章か。

お習字の花丸は優等生に与えられた勲章か。

 

「先生、もっとは花丸をください」
先生は
「ほしければいっぱいあげるよ」
「半紙に書ききれないほどの花丸をあげても良いよ」
「でも、それではどこをどのように直して良いのかわからないでしょ」
「上達するには嫌でも直されることが一番の近道です」

お習字の花丸は決して優等生の勲章ではないですね。

八分音符の三連符に花丸を

 

今でも同じです。

クロマチックハーモニカの練習で八分音符の三連符が
真ん中の音が伸びてしまってだらしない。
指摘されれば良い気持ちにはならない。

 

三連符が難しい

八分音符の真ん中がだらしなく伸びてしまいがち。

 

エクササイズ、トレーニング、Practice、練習と
単語を並べてみても、単語は単語。

音楽とは無縁の仕事を40年間してきた。
今、あわてて音楽の基礎知識と練習を効率よく習得を。

いえ、効率よくなんて習得できるわけありません。
できる限りより多くの師匠、友人と交わり吸収したい。

上達するには楽器と共にある時間ですね。

#クロマチックハーモニカ、#上達、#花丸、#三連府

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事