にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

上達するコツは?

何年か前にグレゴア・マレのクロマチックハーモニカと
Federico・binariのテンホールハーモニカ講習会に行った時に奇しくも同じ事を教わった。

それは練習の基本は毎日の音階(スケール)練習だと。
特に半音の入ったスケール練習の繰り返しがセオリーだ、と。
同じことを話された。

そうは言うものの音階(スケール)練習は退屈で飽きる。
しかし単純な繰り返しのリズムは時にして快く思える時もある。
退屈だけど浸ってしまう時がある。
まるで雨垂れに耳を傾けているような繰り返しのスケール。

スケール練習はポジション移動を滑らか鳴る気がする。
動きの正確さを目的とするのか、
途切れさせずに滑らかに続けて演奏するレガートを目的とするのか、
均一な音で弾けることを目的とするのか。

クロマチックもテンホールも手にした当時は曲を練習することに時間を費やした。
でも、最近は音階(スケール)練習につやす時間が大半になってきた。

遅々としない上達に業を煮やすが続けよう。

クロマチックとテンホール比較

クロマチックとテンホールの個性を比較してみました。

 

#上達のコツ、#クロマチックハーモニカ、#テンホールハーモニカ、#スケール練習

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事