デジタルピアノ
鍵盤タッチがオルガンのように柔らかくない。鍵盤の指さっきが沈み込み、跳ね上がるタッチはピアノそのもの。

Rolando Go:Piano & KEYS

本格的ピアノ鍵盤タッチ・AIピアノ

 

デジタルピアノ

鍵盤タッチがオルガンのように柔らかくない。鍵盤の指さっきが沈み込み、跳ね上がるタッチはピアノそのもの。

 

出かけた先で立ち寄ったビックカメラでピアノに目が止まりました。
ピアノの価格が想像していたよりも安かったので驚きです。

もちろんピアノの価格は万円以上なので決して安いな~とは言えません。
学校に据えられてた縦型のピアノや、ホテルやすステージ見かける
グランドピアノの価格と比較してのピアノです。

価格はネット検索しても、概ね42,000円(税込)

鍵盤タッチがオルガンのように柔らかくない。
鍵盤の指先が沈み込み、跳ね上がるタッチはピアノそのもの。

もちろん毎日レッスンやプロピアニストから見れば頼りないのかもしれない。
お目当てはMIDI操作ができるデジタルピアノ。

40,000円前後でMIDIが利用できるのは

MIDIが利用できる

 

店頭にはYAMAHA、CASIO(カシオ) 、KORG、Roland.と
音響機器メーカーの名前が並らぶ。

40,000円前後でMIDIが利用できるのは
現状ではRolandoだけかもしれないです。

MIDIとは
USB-MIDIキーボードと呼ばれる鍵盤を用いて弾いた情報をデータとして記録する方法。
これなら鍵盤演奏ができる人なら、効率よく入力することがでる。
ミスタッチなどを後から画面上で削除、修正することも可能になります。

Go:Piano (黒色)

 

Go Piano

Roland Pianoは本格的なピアノサウンド

 

本価格的なピアノサウンド。

弾きやすい鍵盤に加え、ペダルも利用可能。

Go:Keys (赤色)

 

Go Keys

500音色を超えるプロ・クオリティーサウンドで広がる楽しさ。

 

ソフトウェアだけでシンセサイザを実現させることができます。
シンセサイザといったって、テクノサウンドのようなサウンドだけではないんですよ。

聴いてもアコースティックな楽器と区別がつかないほどの
ピアノ音やギターの音、トランペットやバイオリン、
そしてドラムの音も出せるようになっているんです。
まったくの驚きです。

デジタルピアノ仕様の比較

新製品のデジタルピアノRoland製の二種類の仕様の比較は

 

仕様の比較

GO PianoとGo Keysの仕様比較表

 

ちなみにRolandとは浜松にある日本の大手電子楽器メーカーです。
浜松にはYAMAHA,河合楽器、鈴木楽器と日本を代表する楽器メーカーがあります。
ここにRolandが加わり静岡は国際的な楽器の故郷のようです。

MIDIがUSBで利用できるようなので、ハーモニカもおぼつかないながら
手に入れたいと思いました。 

#Roland、#GO Piano、#Go Keys、#デジタルピアノ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事