にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ハーモニカ譜面で便利な穴番号

ハーモニカの楽譜には吹き吸いの音穴を番号で表しているのでとても便利です。
吸いは○で囲んだ数字。
半音には○の下にアンダーライン・
吹きは○無し、半音はアンダーライン。

それが逆に不便に感じる時がある。
練習していてその穴番号しか目にゆかない。

ハーモニカ音符の吹き吸い番号

ハーモニカで使用する音符には吹き吸い番号があります

 

親離れ子離れ

要するに音符をまるで見ていない、確認していない。
確認していないと言うことは音符の長短さえ見ていないと言うことにつながる。

それがたまに不便に感じることがある。
便利ではあるけれど、とても違和感を感じることがある。

便利すぎ番号重視の練習することなり、グリッサンドもスラーも関係ない。
単なる番号合わせのレッスンになる。

もちろん一曲を覚える、暗譜できるまでは番号で音符追いかけかけることが早道だと思う。
しかし覚えたら早めに離れないと曲の微妙なニュアンを演じきれないように思えてならない。
便利さに潜む落とし穴だと感じてならないです。

と、言って番号を否定するわけではなく上達の過程で「親離れ、子離れ」をすることが求めらると感じました。

#ハーモニカ、#穴番号、#親離れ子離れ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事