musescore3とMuseScoree2はコピペができない。
MuseScoreeで新旧バージョンの違い。

MuseScore3の文字化けが続く

新バージョン MuseScore3のバージョンアップ

新バージョンMuseScore3になってから
起動させるたびに細かなバージョンアップが繰り返される。
例えば
・保存後、再表示させた楽譜を印刷すると
音符が四倍サイズになっている症状が直らない。

Macにだけ出るこの症状、Windowsでの症状

どうやら Macにだけ出るこの症状のようです。
museScore3の楽譜をWindowsでは普通に印刷できました。

印刷時に文字化けしている。

保存しておいた楽譜を、再表示させて印刷をすると文字b酒して刷りあがる。

・連符が保存後の再表示で一部休符に変わってしまっている。

保存後の再表示で、連符の一部が休符に変わってしまっている。

保存後の再表示で、連符の一部が休符に変わってしまっている。

 

MuseScoree3へコピペができない

 

・MuseScoree2からMuseScoree3へコピペができなくなった。

MuseScoree3が出た当初はMuseScoree2の楽譜を
コピペできていた。

旧バージョンで書き上げた楽譜30曲ほどだが、新バージョンアップに
コピペして保存と思ったが、新旧バージョン間のデーター移動の
コピペができない。

WindowsでもMacでもコピペ(コピー、貼り付)不可は同様です

ネットでMuseScore3をググると
・起動しない
・落ちる
・再度MuseScoreを開こうとすると読み込みエラー
の文字が並ぶ。

MuseScoree2を起動させるとMuseScoree3へのバージョンアップの案内が出る。


当分はMuseScoree2とMuseScoree3の両方を
インストールしておくが、
MuseScoree2のまま使い通すほうがストレスなくなります。

くれぐれもMuseScoree2ソフト起動時のMuseScoree3への
バージョンアップに惑わされませんように。

 

機能、使い勝手についてはまた日を改めて書くことにします。
今回はMuseScoree2とMuseScoree3におけるバグについて書きました。

#無料楽譜書き込みソフト、#MuseScoree2、#MuseScoree3

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事