成果の見えない鈴懸の径
あいも変わらず鈴懸の径にクロマチックハーモニカで挑戦中。
成果の見えない鈴懸の径

あいも変わらず鈴懸の径にクロマチックハーモニカで挑戦中。

練習曲が半年を越えてもカバーできない

クロマチックハーモニカで演奏したく「鈴懸の径」

今年の1月に練習を始めた「鈴懸の径」が
半年をゆうに超えても終わりが見えない。

「鈴懸の径」は日本のジャズでと紹介しても、
「鈴懸の径」ってジャズなの?と返されることがある。

確かにジャズと言うジャンルはないと聞いたことはあります。

ジャズはアフリカの奴隷労働歌が源流ですが
いつしか洗練されたジャンル分けされないジャンルになったようです。
なのでジャズと言うとジャズであって
ジャズはないジャズの曲、とは妙な話です。
それでいて街を歩いていると
なぜか演ジャズと書かれた看板を目にします。

ジャズのジャンルはないジャズながらも
「鈴懸の径」は和製ジャズ。
二週間ほどでクリアーしたが、
問題はメロディーを越えたアドリブに悪戦苦闘。

特に高音から八分音符の連符が息の吸い吐き、
半音レバー操作が追いつかない。

面白いもので、それが良い練習になっている。

もう一歩です。

ジブリ曲集の12曲

 

別にジブリ曲集の12曲楽譜を買い求めた。

ジブリ曲集はメロディーだけなので習得が早い。
・海の見える街
・さよならの夏
・君をのせて
・君のように空を飛んで

どの曲も素敵です。

カバー出来上がったら他の楽器と組み合わせた多重録音をしてみたい。

#クロマチックハーモニカ、#鈴懸の径、#ジブリ曲集

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事