再生パネル
再生パネルは便利ツールです。

triplets-with-musescore

無料楽譜作成ソフト

MuseScoreで連符の書き方

無料楽譜作成ソフトMuseScoreを利用して連符を書き込んでみました。
三連符、四連符、五連符、そして八分音符、十六分音符であっても簡単に記入できます。

macの場合には ⌘ command を押しながら

Aの小節をBで三連符に書き換えてみました。

連符のか書き方

最初に四分休符を書き込んでおき、⌘+3で連符は簡単に変更できます。

macの場合には ⌘ command を押しながら
「三連符なら ⌘+3」「四連符なら ⌘+4」を一緒に押します。

windowsのばあいには ⌘ commandの代わりにcotrolキーを押しながら音符を選択します。

この時に小節の中を四分休符を書き込んでおき、
休符を三連符、四連符い分けると書き込みやすい。

四分休符を書き込んでおく

連符にする場合は、先に四分休符を書き込んでおくと手早く書き込める。

 

連符に八分音符、十六分音符、休符が入る場合の書き方としては
該当の選択した音符に変更する音符を重ねます。

三連符3

連符内の音符を変更する場合。

にほんブログ村 音楽ブログ ハーモニカ・ブルースハープへ

一定区間をリピート

書きあがった音符を走らせてみると感覚がつかめます。

音符を音にして走らせる

書き込んだ楽譜を音にしてリピートさせ確認できます

 

リピート区間を設定

リピート区間を設定し、テンポを変えて確かめられます

再生パネルが便利

練習をしている時にテンポを遅くして確認したい。
逆にアップしてみたらどんなに変わるかを確認したい。

メトロノームで確認した。

そんな時に開いておくと便利ツールです。

再生パネルの表示の仕方は
表示>再生パネルで表示されます。

再生パネル

再生パネルは便利ツールです。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村

#楽譜作成ソフト、#musescore、#無料楽譜作成ソフト、#連符の記入の仕方

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事