部屋も断捨離スッキリ
断捨離した部屋はすっっきりとかたずけられて気持ちがいいです。写真はイメージです。

断捨離と自炊

まずは今日のテーマの
「断捨離」(danshari)と「自炊」(jisui)を簡単に説明すると、
「断捨離」とは身の回りの「物」を整理、廃棄することです。
「自炊」とは主に雑誌や書籍をスキャナーにかけて保存することです。

断捨離

昨年「断捨離」を1年かけて決行しました。
1年かけて、とは大袈裟な表現になります。
しかし子供の頃の写真から市販の楽譜に至るまでの「断捨離」です。
物的な「断捨離」でデジタル保存にしただけです。
このデジタル化が「自炊」なのです。
このデジタル保存にはかなり時間がかかりました。

自炊

写真集(卒業写真含む)のデジタル化。
読本(積ん読本含む)のデジタル化。
楽譜のデジタル化。
楽譜にはハーモニカの教本、楽曲集にありました。

自炊でPDF化した書籍

断捨離対象にしたハーモニカ楽曲集でcloud保存してある一部です。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ハーモニカ・ブルースハープへ

テンホールの時にはハーモニカ楽譜が必要ありませんでした。
ほとんど耳に覚えこんだ通りに練習していたので。

しかしクロマチックハーモにかになると楽譜の重要性が高まりました。
クロマチックハーモニカの練習は吹き吸いの穴番号頼りです。
しかし、慣れれば音符も必要なくなる。
楽譜の大切さと同時に、なくても演奏できる楽しさを味わうために「自炊」「断捨離」です。

「断捨離」に挑んだ当初こそ自宅でスキャンしました。
しかし200ページにほぼ半日かかり、これは時間の無駄。

ページ数が多いと裏表のページスキャンを間違えてしまう。
同じページを複写したり、飛ばしたり、斜めになったり、ページ四隅が黒くなったり。

さらに枚数が増えるとと間違い、ミスが多くなる。
パーソナル仕様のスキャナーは速度が遅い場合が多いようです。

「断捨離」することの目的とは別に時間の浪費が問題となりました。

自炊業者依頼の自炊

そこで自炊業者依頼です。
業者依頼はページ飛ばし、ダブリコピーはないのでとても安心です。
今利用している業者は350pまでで100円(仕上がりは三ヶ月先)。
3日仕上がりの場合には倍の350p 100円です。
いつも20冊くらいをひとまとめにして送っています。
送料は依頼者負担ですが、出来上がりはPDFにされてメール添付で返送されてきます。
もちろん本自体が返却必要な場合には着払いで申請します。

自炊の料金

自炊料金が高いか安いかは自炊対象の本の重要度に寄るかと思います。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ハーモニカ・ブルースハープへ

場合によってはアマゾンを利用する手もあります。
Kindle化されていない本でアマソンにあれば直接送ってしまえば送料もかかりません

PDFにしてクラウド保存してあれば外出先でパッドで読むことできます。
楽譜も必要に応じてPC、パッドでみながら演奏や、再印刷で利用できます。

数枚、多くても数冊なら自宅のスキャナーで十分です。
ページ数が多くなると手間暇に時間がかかるので業者任せにしています。

机周辺にはすっかり本がなくなりました。
まさにロハスな気分で毎日が過ごせます。

#自炊、#断捨離、#PDF化、#cloud保存、#クロマチックハーモニカ、#楽譜

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事