富士山2
新横浜近くの鶴見川からは富士山が桜のアーチにして眺められた。またランニングしながら聴くクロマチックハーモニカは最高でした。

鶴見川マラソン大会10km参加

昨日13日(土)は新横浜鶴見川マラソン大会の10kmに参加の当日です。
大会はフルマラソン走者からスタートです。
30分置きに30km、20km、10kmと続き
自分は10kmに参加です。

5分毎のカウントの多重録音がナイス

今回は20kmと10kmの参加者が一番多かった。
これまでに10kmを走ったことがないのでやや緊張。
スタート地点で二人づつ一列に並んだ最後尾に位置しスタート。
あまり前方に位置してスタート後に後続から抜かれるのを覚悟!は初回からは惨め。
なんてことではなく、スタート直前のトイレで最後尾になってしまった。

 

マラソン

新横浜鶴見川マラソン。
10kmの部は11時スタート。2019/04/13(土)

 

スタート地点は満開をややすぎるかと思われる桜がハラハラと散っていた。
遠景には丹沢の山並みと富士山が望み見えた。

天気は快晴で、吹く風はやや冷たい。
桜は葉桜直前、満開とは言えないが枝によってはまだ幾重にも重なるように咲き誇っていた。

 

富士山

スター^とは新横浜近くの鶴見川から。遠景には富士山が眺められた好天気。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ハーモニカ・ブルースハープへ

5分経過、10経過、15分経過と5分毎のカウントをしつつ
ハーモニカ曲をに多重録音したのがかなりナイスだった。

90分間5分毎のカウント入れてのCDからお好みのハーモニカソングを
メドレーにして、スマホに保存し、イヤフォンで聴きながら走る。
10キロランに備えて90分間メドレーにしたが、
結果は65分カウントを聴いたところでゴール出来た。

折り返しの5kmまでは全体の流れに沿って走りが出来、
折り返し地点からは全体のスピードが上がったのか
自分の速度がおちたのか距離がジリジリ開く。
ま、両方でしょう。

息の苦しさはなかったけれど足が前に出ない。
元気良く手を振るが足が出ない。
にわかランナーゆえにですね。

それにしても走りやすいコースでした。
第一にアップダウンが少ない、いや、ほぼアップダウンは無い。
道幅も3〜4mで走者同士が抜かれ、抜きやすい。
水分補給所も主催者が用意してくれていて問題なし。
給水場は2km、折り返し5km、ゴールの三ヶ所で
紙コップがテーブルに並んでいる。

参加費は10kmの部は3,500円でした。
peatixと言うアプリを利用して申し込み、送金完了。
「peatixアプリがチケットです!」とはスマホなしでは生活で聞くなる。
これもロハスな生活の一部になるんですね。

 

peatix

参加申し込み、送金、チケとの役目をスマホンボアプリで、peatix。

 

これで結果が出せないのはランナーの資質?でしょう。
または練習不足ですね。
かく言う自分がそれを自覚してしまった。

結果は85人中  47位で中位クラス、とは時間からは言いがたい。
来年には20kmを走ってみたい。
ハーフマラソンに向けて10kmを確実に1時間以内で
走りきれるように練習目標が出来た。

初めての10kmランニングで完走出来たことに感謝です。

 

10kmマラソン大会・完走証

マラソンは42.195kmだが、そのグループで走りきれたことに寒鴉syです。

ハーモニカ曲のメドレー

メドレー曲はイヤフォンで聴きながら走ったが
汗で耳からフォンが外れやすい。
次回には外れにくいような工夫をしたが、どんな工夫がいいか。
骨伝導のイヤフォンなら外れにくいのかと
ショップの店員さんに聞いたが
「音質が落ちるわりに汗対策にはなりません」だった。

今回録音したハーモニカメドレーの大半は
練習意中の「鈴懸の径」の繰り返しだった。
次回マラソン参加時には「鈴懸の径」をクリアーしてるといいのだが。

ランニングしながら聴くクロマチックハーモニカは最高でした。

#新横浜鶴見川マラソン大会、#ハーモニカメドレー、#完走、

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事